読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらに浮かぶ雲のやうに

サブブログ!どーでもいいこと書きます!

押上で彼女と別れた話

恋愛

 

f:id:kotaronobuta:20170129201023j:plain

 

 

こんにちは。

 

いつになくローテンションで淡々と書いていきます。

 

結論から言えば

 

彼女と別れました。

 

今日はその反省文と懺悔の気持ちの文章です。

 

 

 

経緯

 

馬鹿なんです、僕は。

 

彼女のほかに職場で気になる子ができてしまって、それを本ブログのほうで記事にして書いていたんです。

 

僕、ブログを始めたころに彼女にも「ブログ始めてみたよ」って見せてたんですよ。

 

けど、そんなに興味も示してなくて。

 

それで好き勝手書いていたんです。

 

 

kotarosecretpage.hatenablog.com

 

kotarosecretpage.hatenablog.com

 

 

 

 

それがこの1月になって。

 

26日ごろだったでしょうか。

 

「ブログ見ちゃった」っていうラインが送られてきて。

 

自分の馬鹿さ加減にほとほと呆れ返りました。

 

そんな伝わり方をしてしまったこともだし、それを見て彼女はさぞかし傷ついたのでしょうから、そんな自責の念にかられました。

 

「会って話をしよう」と送るのが精一杯でした。

 

※元々メインブログでの公開記事でしたが、今はこのサブブログに移しました。

 

 

 

2017/01/29

 

この日は長友と平愛梨が婚姻届を出すという日でありますが、僕は別れ話をしに押上へと向かいました。

 

行きの電車の中では彼女の良いところばっかりが浮かんでくるんですよね。

 

ほんと馬鹿。

 

ソラマチの入り口で彼女に会い、他愛ない話をしながらカフェに向かっていきます。

 

手はつなぎません。

 

僕もポケットに手を入れたままでした。

 

 

 

タリーズに入店しましたが、ちょっと混んでて。

 

座るには座ったのですが隣(ほかのお客さん)とも近くて、普通の話をしていました。

 

でも時々無言になる僕ら。

 

そういえば今日僕はおそろいのスニーカーを履いてきました。

 

けど、彼女は違う靴でした。

 

 

 

窓際の席が空いたので「そっち座る?」と促して席を変えました。

 

しばらくはやはり沈黙と他愛のない話。

 

彼女が見せる悲しげな目。

 

視線はどこか違うほうを向いていました。

 

 

 

「こないだの話なんだけど・・・」切り出したのは僕でした。

 

「ごめん」聞こえるか聞こえないかの声しか出ませんでした。

 

そして長い沈黙。

 

 

 

 

 

 

 

「私も悪いとこあったし・・・」みたいなことを彼女は言いましたが、僕は首を振ることしかできませんでした。

 

再度沈黙。

 

 

 

 

 

コーヒーも飲み干しました。

 

「こうちゃんから、白黒はっきりさせて」と彼女。

 

すこしの沈黙。

 

 

 

「僕がこうして今生きてるのは半分はお母さんのおかげだし、半分は○○のおかげだと思ってる。本当に感謝している。ありがとう」

「ごめんね」

 

 

「・・・終わりにしよっか」

 

 

 

 

 

うなずいて微笑む彼女。

 

このやりとりの途中から彼女は何粒かの涙をこぼしていました。

 

ずっと我慢しているようでした。

 

 

 

 

 

ほんとに自分勝手だと思うけど、そうやって泣きたがってる彼女を見て、つらい思いをしている彼女を見て、僕の手は彼女の手を握り締めたいと言っていたんです。

 

でもそれはできないじゃん。

 

そんな権利もないじゃん。

 

行き場のない僕の手はただ握りこぶしを握っているしかありませんでした。

 

 

 

 

 

店を出て駅のホームに向かうときに。

 

僕はたまらず「手、つないでもいい?」と打診しました。

 

彼女は「うん」と言ってくれて。

 

これが最後だ、と思いました。

 

 

 

手をつないだ僕らは恋人同士に見えたでしょう。

 

周りにも多くのカップルが行き交っていました。

 

それとなんの遜色もない二人だったと思います。

 

今日の彼女は一段ときれいでかわいくて凛々しかった。

 

ゆるいパーマの残った髪形と、ざっくりとしたグレーのニットワンピ、いつものピンクの時計とフラワーのイヤリング。

 

僕の手は冷えていました。

 

「冷たくてごめん」って心の中で思いながら、彼女の手を強く握っていました。

 

 

 

 

 

駅の改札口に来ました。

 

僕は「本当にありがとう」といい、彼女は「こちらこそ」と言ってくれました。

 

僕は「友達、できる?」と聞いてみましたが「ほとぼりが冷めたらね。すぐには無理。気持ちの整理がつくまで。そのうちな」と返されました。

 

気持ちの整理がつかないのは僕も同じです。

 

「わかった」と返事しました。

 

 

 

そして別れました。

 

「じゃ」と言って別れました。

 

僕は振り返りました。

 

彼女は振り返ることなく、見えなくなりました。

 

しばらくはその場から動けませんでした。

 

ただただ立ち尽くしているだけの男になっていました。

 

 

 

 

 

彼女へ伝えたいこと

 

この記事を書いているのはなぜなのかよくわかりません。

 

メインブログからもリンクがあるはずなので、彼女がこの文章を読むかもしれません。

 

読まないかもしれません。

 

僕は文章につづることで少し気持ちの整理をつけたいだけなのかもしれません。

 

 

 

もし、この文章を彼女が読んでいたら、以下のことを伝えたいです。

 

 

 

6年間は本当に長かったようなあっという間だったような感じです。

僕が精神的につらかった時期に支えてくれたのがあなたです。

生きることを支えてくれました。

励ましてくれました。

いつも愛してくれました。

「大好きだよ」って何回言ってくれたでしょうか。

僕は薄情な男です。

馬鹿です。

貧乏だから、甲斐性もないから、結婚できなくてごめん。

二人の子供を夢見てくれてたと思うけど、叶えてあげられなくてごめん。

結局僕はそれまでの男です。

君を幸せにしてやれなかった。

傲慢に思うかもしれないけど、そんな気持ちでいます。

 

僕には貯金もなくて、でも君は30歳までには子供を生みたいってことを言ってて、

それを叶えてあげられる確証はなかった。

自信もなかった。

でも君を解放してあげられなかった。

遅くなってごめんね。

 

もっといろんなところに連れていってあげればよかった。

旅行したりデートしたり、海外に行ったりしてあげればよかった。

お金もない、時間もないのを言い訳にして、何にもしてあげられなかった。

本当にごめんなさい。

 

いつか素敵な人と結婚してください。

地球上で一番好きな人と結婚してください。

そして素敵な家庭を築いて幸せになってください。

本当に、本当に。

 

僕はもしかしたら結婚できない人生になるかもしれません。

経済力に関してもそうなんだけど、あなた程に僕を愛してくれる人はこの先現れないとも思うのです。

本当によく愛してくれました。

僕の人生の中で一番の嬉しい出来事になったと思います。

ありがとう。

本当にありがとう。

愛してくれて、ずっとずっと愛してくれて本当にありがとうございました。

 

 

以上です。

(泣いちゃったのでここで終わりにします)

 

 

 

進もう 君のいない道の上

 

ええ、ミスターチルドレン「くるみ」ですよ。

 

ほんと、もう、思い出がいっぱいすぎでしんどいです。

 

街の中で何を見ても彼女のことがリフレインしてきてしんどいです。

 

これが落ち着くまで、苦しい日々になりそうです。

 

こうなったのが「気になる子がいる」って件だったけど、そんなことは今は一切考えられないですもんね。

 

ただただ別れた彼女のことが胸を締め付けて苦しいです。

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

また会えるときにはぜひ「おめでとう」って言ってあげたいと思います。

 

ありがとう。

 

 

 

おわり。

 

 

コンパニオンのおねーさんと後輩の女の子に恋愛相談してもらったよ!

恋愛

f:id:kotaronobuta:20170108111132j:plain

 

 

どうもこんにちわ!

 

昨晩は地元の消防団活動の関係で新年会に参加してきまして、

 

そこでコンパニオンのおねーさんに恋愛相談をしてもらったので、ここに記しておきます!

 

 

 

みきさん(仮名)

 

相談に乗ってくれたおねーさん

 

名前:みきさん(仮名)

年齢:28歳

容姿:けっこうかわいい

 

話の輪にいる人

・ぼく(32歳)

・石井くん(30歳、消防団の同期)

・みきさん

 

 

f:id:kotaronobuta:20170108110600j:plain

「ちょっと1個相談に乗ってもらってもいいですか?」

 

f:id:kotaronobuta:20170108110629p:plain

「なんですかー?」

 

f:id:kotaronobuta:20170108110600j:plain

「こうやって複数人で話してる時は好きな子と普通に話せるんですけど、

いざ二人きりのシチュエーションになると途端に何を話していいのかわからなくなるんです。

どんな話をしたらいいと思いますか?」

 

f:id:kotaronobuta:20170108110629p:plain

「え。

逆に私は「これはチャンス!」と思っちゃいますけど。

今度飲みに行きましょうよー、みたいな。

お酒が飲めない人だったら「お食事に」ってなると思いますけど、私が飲む人なのでお酒を飲んじゃダメみたいな感じになると「ないわー」ってなっちゃいますね(笑)

デートに誘うのが難しい段階だったら、今まで話したことのある話題について話せばいいんじゃないでしょうかね?」

 

石井くん

「俺もそうだね。

ガッと(抱きつく仕草)いくかな」

 

f:id:kotaronobuta:20170108110629p:plain

「えええええ?(笑)

でも大勢で話すよりは、飲みに行ったりして二人で話すシチュエーションを作ったほうがいいと思いますね」

 

f:id:kotaronobuta:20170108110600j:plain

「なるほどー。

ちなみに、こういうコンパニオンの仕事をしていて、「あー、この人素敵だな」って思うことあるの?」

 

f:id:kotaronobuta:20170108110629p:plain

「そりゃ、ありますよー!

ガツガツしてない、余裕のある人に対してそういうのを感じますかね。

素敵だなと思います。

オラついてこられると引きます(笑)

でも、そういう余裕のある人はみんなもう結婚されている人ばかりなんですよね」

 

 

 

・・・ということでした。

 

積極的にアプローチするのと、ガツガツしているのは別のようです。

 

なお、また別の女性からは

 

下心で複数の女の子にアプローチしているのが感じられると引く

 

というのも教えてもらいました。

 

 

 

景子ちゃん(仮名)

 

別件で、去年の同僚の女の子ともLINEで恋愛のことを話しまして、それも書いておきます。

(スクショ!!)

 

名前:景子ちゃん(仮名)

年齢:22歳

容姿:めちゃかわいい

 

 

 f:id:kotaronobuta:20170108104345p:image

f:id:kotaronobuta:20170108104355p:image

f:id:kotaronobuta:20170108104408p:image

f:id:kotaronobuta:20170108104417j:image

 

 

「私だったらあまりにもLINEくるとめんどくさいって思ってしまいますねww」

「返事も適当になりますww」

 

 

ということで、同じ職場の場合はあんまりLINEとかやらないほうがいいみたいだ!!!!

 

ていうか10歳年下の女の子にダメ出しされるこの感じ!!!!www

 

やっぱLINEに頼ると良くないよね。

 

いや、そのLINEの仕方とかそのキャラにもよると思うんだけど、僕みたいな「いい人そうにしている」キャラの場合はよくない気がするね。

 

LINEじゃなくて電話なら!…っていうのもキャラと違うので困惑させる感じになる気がするね。

 

 

 

てことで

 

  • 二人きりのシチュエーションになったら、前に話した話題でコミュニケーションを育んでいく
  • 時期が良さそうな感じになったらお食事デートに誘う
  • 余裕のある大人になる
  • LINEは控える

 

こんな感じでしょうかね!!

 

リアルに女の子の意見を聞くのは勉強になりますね!! ほんとに!!

 

ありがとうございます!!

 

 

 

おわり!

 

 

仕事での昇格を目指そう!

恋愛

 

荒れております。

 

ほんとにほんとに荒れております。

 

 

 

仕事と恋愛の話が出てきますが、そこは密接に繋がっているものと捉えていますのであしからず!

 

 

※せっかくブログ名変えたのに、普通に日記!!w

 

 

 

仕事

 

リーダーとして昇格していくのに足りない部分を指摘されました。

 

  • 甘さ
  • 業務知識面の深さ

 

今後も研修業務をやってもらいたい的なことは言っていただきましたが、

 

研修生を甘やかし過ぎると。

 

そして新年から昇格する同僚もいるのだが、そこを今回は見送らせてもらったと。

 

いや、てゆーか

 

そもそも昇格しようとも思ってなかったし!!!!

 

一時的にSVの手伝いをする気でいたわけで、終わったら元の業務に戻るつもりでいたからな!!

 

ほんと一時的なものだと思っていたから!!

 

なんなの?!

 

リーダーにしたいと思ってるの? 上司よ!

 

それがちゃんと伝わってなかった! 汲み取ってあげられてなかった! ごめんなさい!!!!

 

ということで、明日から「昇格目指すモード」になります。

 

 

 

ぶっちゃけ「でもブログ頑張ったほうが…」みたいな煩悩もあるけど、

 

もう32歳だしね!!

 

結婚とか視野に入れたいと考えたらやっぱり「正社員」という社会的地位はあったほうがいい…というか必須だと思うしね!

 

32の男で派遣社員なんかじゃ普通は恋愛対象にならないでしょうよ。

 

昇格だ!!!!

 

昇格しよ!!!!

 

 

 

厳しさと優しさのバランスと、研修生との距離感と、

 

業務知識!!!!

 

もっと深く学んでいかなくては!!!!

 

 

※なお、SV(管理者)になっても年収400万円は超えない模様

 

 

 

恋愛面

 

気になる子がいるんだ。(S子:仮名)

 

 

 

けど、やー、やっぱり仕事をしっかりしてることありきの話になるよね!!!!

 

くそったれが!!!!(自分にイラついています)

 

 

 

こないだ連絡先は聞いたんだけど、

 

最近は仕事でも関わりがなくて、LINEで繋いでいるのも尻つぼみ状態。

 

切なすぎてやばい。

 

女々しくて辛い。

 

Amazonで『恋愛カタログ 1巻』無料だったから読み始めちゃう始末。

(1/4まで無料)

 ↓

 

恋愛カタログ【期間限定無料】 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

恋愛カタログ【期間限定無料】 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

 

 

 

 

「派遣社員」がいけないんだ!!!!

 

「派遣社員」という情けない地位が!!!!

 

(S子も派遣社員)

 

 

 

…オーケー、オーケー。

 

会社に、社会に迎合するのはやや癪だけど、

 

弊社の歯車の一つとしてきっちり「正社員」になってやろうじゃねえか!!

 

社員用のストラップになってやろうじゃねえか!!

 

研修業務やりまくって、S子よりも若くて可愛い女の子がきても知らんからな!!

(そうだとしても僕はS子に夢中でいると思う)

 

これはしばらくS子シカトだ。

 

LINEとかすんのやめよ。(S子から来たら速攻チェックするけど…)

 

とりあえず年末年始は連絡はほぼしないでおこう。

 

「あけましておめでとう。今年もよろしくね」くらいにしておこう。

 

気まずさの修復は来年だ!

 

 

 

恋愛面2

 

f:id:kotaronobuta:20161229201756j:plain

 

ほんとは今日、(S子に)帰り道に話しかけるつもりだったんだ。

 

最近は職場内でも意識しちゃって話しかけられず、目も合わせられず、LINEするのに逃げてしまっていて。

 

LINEばっかりって、だんだん気まずくなるじゃないですか。(知ってた)

 

そんな度胸のない自分が嫌で、もっと思いきった姿勢で臨みたくて、久しぶりに話しかけて一緒に駅まで帰ろうと思ったんだ。

 

昨日夜道を30〜40分くらい歩きながら、どんなことを話そうかと考えて、

 

 

定時になったら同僚や上司への挨拶もそこそこに会社を出て、追いかけていったんだ。

 

箸の使い方が苦手なのも、少し白髪交じりの髪の毛も、振り向くときに前髪をふわっとさせる仕草も、にんじんが苦手なのも、素朴な日々の装いも、その極上の笑った顔も、

 

全部が好きなんだよなぁ。

 

今日、せめて「おいしいお店があるので、今度ごはんでも行きませんか」くらいは言いたかった。

 

 

 

けど、ダッシュして信号待ちしている彼女を見つけた瞬間、

 

その隣にはS子の仲良しの女の子(A子)が。

 

さっきA子に会社のエレベーター前で挨拶したばっかりだ!!

(その後ロッカーで荷物を整理してダッシュした)

 

このタイミングで追いつくのはやや不自然だ!!!!

 

しかも周りにはまた何人か職場の人がいるし。

 

 

 

んー、職場内ではあんまりそうやって女の子をうつつを抜かしているところを見られたくない。

 

というか、昇格を目指すなら同じ職場内で…っていうのは相当痛手ではないかと。

 

 

 

いろんな想いを巡らせ、結局話しかけられませんでした。

 

チキン。

 

 

 

まとめ

 

…ということです。

 

あ。彼女のこと?

 

それはまた別の機会に書けたら書きたいのですが…。

 

そういうとこだらしなくて最低だなと思います。

 

大人ってズルい。(こういうまとめ方もズルい)

 

んー、まぁぶっちゃけると、つまり「彼女」と結婚するのか「大好きと思える子」と結婚しようとするのかの狭間ってことです。(小声)(浮気者)

 

 

 

昇格を目指して僕は仕事に精を出せるのか、ほんとに。

 

対策として、とりあえず知識豊富な上司のそばに位置取っておくようにしよう。

 

 

 

今日は恋愛運最高だったはずなんですが、こうして占いに左右されてる段階で、もうどうしようもなく「恋愛という病」にかかってしまってたということでしょう。

 

f:id:kotaronobuta:20161229192114j:image

 

 

 

2017年はブログも頑張りたいんです。

 

好きな漫画のこととかゲームのこととかも書きたいなって思ってます。

 

ちゃんと読み返したりプレイし直したりして書きたいとも思ってるんです。

 

それも「行動あるのみ」ですね。

 

計画立てます。(←)

 

 

 

勢いに任せて書き出しましたが、だいぶ落ち着いてきました。

 

こうして文字に起こすことが作用しているのだと思います。

 

まとまってないんですけどねw

 

 

 

明日まで仕事はあります。

 

しっかり納めてきたいと思います。

 

 

 

おわり。

 

 

 

お金が必要になってくるお年頃

 

さて、引越しを控えておりますがいろいろお金が必要になってきますよね。

今回は実家に戻るのですが、そんなに遠くない将来にはまた家を出て彼女と二人暮らしをしていきたいと考えています。(できれば実家の近くで)

 

今回の引越し費用

インターネット解約費用

住民税の支払い

彼女へのクリスマスプレゼント

祖母の介護費用

再引越しの費用

 

また、自分でも欲しいものとしては

 

腕時計(仕事時もスーツにデジタルのG-SHOCKつけてる)

長財布(ポーターのヒートを使ってるので革のにしたい)

 

あとはMacBook Proですかね?

新しいMacBook Proはどうなんですかね?

もうMacに慣れちゃってWindowsに戻るのはきついのですが、軽くて持ち運びに良いパソコンが欲しいです。

 

あ、髪の毛も切りたいですねー。

 

 

 

実家の自分の部屋もモノを減らしてきれいにしたいなあ。

 

 

 

サブブログに逃げて書いたこと

 

f:id:kotaronobuta:20161201083254j:image

 

どうも、呼ばれて飛び出てこんにちは。

こうたろーです。

 

最近はめっきりメインブログの更新をサボっています。

 

倦怠期? これが倦怠期ってやつなの??(違)

 

…まあいいんです。書きたいときに書くのが一番ですから。

 

 

で、こうしてサブブログに逃げているわけ(笑)

 

いやー、「ボトムスの選び方」の記事も着手してないしさ、

 

いろいろ買い物もしてるからその辺も書いていきたいんだけどさ、

 

あと本も相変わらず読んでる。

 

けど、ブログに書く時間がないんだよ!!

 

っていうのは言い訳でさ。

 

「ちゃんと書かなきゃ症候群」に陥ってるよね。

 

丁寧に、充実した情報量で、写真なんかもしっかり撮って。

 

それがめんどくせーーーーーのよーーーーーー。

 

こうしてもっと気楽にパソコンの前に座って

 

「〇〇を買いました! 使ってみたらこうでした! すばらしい!! おわり!」

 

ってくらい適当に書きたいんだよなーーーー。

 

買いていいよねーーーー?

 

適当でも書いていいよねーーーーー?

 

だって「ブログ」なんて本来そういうもんだもんねーーーー?

 

 

とは言え、

 

「でもやっぱり中途半端な記事をメインブログに乗っけるわけにはいかない…」

 

みたいな意味不明な使命感みたいのを拭えないのも事実。

 

 

 

もう文字量500文字記事とかでもいいから更新していこうかなあ、どうしようかなあ、どうしたらいいのブログの先輩方。

 

教えてくださいーーー(´;ω;`)

 

 

 

久々にブログの本でも買おうかな、どうしようかな、持ってる本を読み直すことにしようかな。

 

そんな12月の始まりでごわす。

 

 

 

物欲、物欲、物欲に。

 

あああああああああああ!!!!

 

物欲が、物欲が、物欲が!!!!

 

持ち運び用のMacBook Air欲しいよ!!!!

 

iPad+ロジクールのキーボードだとやっぱりきついよ、しんどいよ!!!!

 

ブログ書いていくときにストレスになってるよ!!!!

 

うああああああああああああああ

 

 

 

他にも

 

長財布

ワイシャツ

ネクタイ

紺カーディガン

タートルネックニット

ステンカラーコート

セルビッジジーンズ

クラークス

モッズコート

 

と、欲しいものがいっっっっっっっぱいあんだ。

 

しかも友達が仙台に転勤になっちゃったから、交通費的なものもほしいんだ。

 

 

 

 

ということで、なかなか思い悩んでいます。

 

ブログがんばる。

 

 

【逃げ恥 第6話】想いが強いほど次第に耐えられなくなる

 

沼田「仕事の半分は”仕方がない”で出来ている」

 

百合「残りの半分は?」

 

沼田「”帰りたい”」

 

百合「www やる気ゼロじゃないwww」

 

沼田「www でも、仕事だけが人生じゃない。ほどほどの仕事でも食ってけりゃそれでいいじゃない」

 

百合「それも一つの真理よね」

 

沼田「百合さんは、やりたい仕事をやってるんだよね」

 

百合「まあね。でも最近、自分がかけた時間と労力に対して割りが合わないような気がしてきちゃって」

 

沼田「割りとか言い出したら、何もできないよ?」

 

百合「そうなのよねぇ」

 

山「人間は悲しいかな。見返りが欲しくなってしまう生き物なんだよ…。特に恋愛に関しては」

 

百合「ちょっと、仕事の話してんだけど」

 

沼田「まーまーまー」

 

山「自分が相手にかけた愛情と同等の愛情が返ってこないと、人は、不安になる。愛情がもらえなくても同等の見返りがあれば納得できることもある。お金だとか、生活の安定だとか」

 

山「でもね、想いが強いほど次第に耐えられなくなるんだ

 

山「俺ばっかり、あたしばっかりが積もりに積もって、関係は…終わりを迎える

 

 

-------------------------------------

 

 

以上、「逃げ恥」第6話よりでした。

 

大人の会話、名言、深い。

 

「想いが強いほど耐えられなくなる」ってのはわかるなー。

 

「あまり本気にならない」ってスタンスを取った方が楽だし傷つかないで済むんだよね。

 

それが世の常なのかどうなのか。

 

本気で愛してそれが実って…ってなったら良いのにね。

 

なかなかそうはならないよね。